岐阜ラーメン 坦々麺 | つけ麺 | ラーメン | 紅胡麻総本家

坦坦麺・つけ麺の紅胡麻
坦々麺・ラーメン・岐阜 紅胡麻
坦々麺・ラーメン・岐阜 紅胡麻

健康で旨い坦々麺ラーメンを食べてほしい

「健康に良くて旨いラーメン」お客様に、そして出来るだけ多くの人に「健康に良くて旨いラーメン」を食べて頂きたくて色々と試行錯誤しました。
たどりつくまでに十数年かかりました。
その答えは、胡麻がたっぷり入ったコク旨のラーメンでした。

北京鍋で大きく炙る

火柱を立てて強火で大きく炙ることにより、素材の旨味を最大限に引き出すとともに香ばしく仕上げています。

スープの旨味を引き出すやわらかい水

スープ素材の旨味を引き出すには軟水が良いのです。その為には大型の洗浄器を使用しております。

旨味たっぷり。こだわりのタプルスープ

黄金肉スープ

豚ゲンコツと奥美濃地鶏、たっぷりの野菜を弱火でじっくり八時間煮込み旨味を引き出しています。

節系魚香スープ カツオ・サバ・ムロ・アジ・煮干し・メジカ等とたっぷりの干しシイタケ、そして旨味ある野菜を煮立てせずじっくりコトコト煮込んでいます。
この二つの旨味スープを黄金比率で直前に合わせてつくっています。
モチモチの熟成多加水麺 ソフト感、弾力感、そしてコシの強いモチモチ麺、茹でた後のびにくいのが特徴です。

スープによく絡むように中太のちぢれ麺に仕上げております。
口当たりモッチリ感をお楽しみください。

歯ごたえしっかり・粗挽きミンチ

肉そのものの旨味も楽しんで頂くために特注で粗く挽いたミンチを使用しております。
スープに負けない肉の旨味を存分に堪能して下さい。

坦坦麺について

坦々麺まめ知識

日本の担担麺は、麻婆豆腐と同様に、四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。
一般に中国のものと比べて直径で1.5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、
日本のラーメンのように一杯で一食が事足りるようになっている。
そして、辛さをおさえるためにスープを合わせ、汁麺として出される。 汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く 、鹹水を使った中華麺がほとんどである。
太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。
日本では、担担麺のルールが決められていないため、店によってまちまちの味付けと具材になっており、たとえば肉のそぼろが牛肉や鶏肉だったり、 チャーシューなどを載せたりと店によって様々である。
また、チンゲンサイ、ホウレンソウ、サヤエンドウ、モヤシなどの野菜が少し添えられたり、みじん切りのニンジンなどがそぼろに加えられたりする場合もある。 薬味は刻みネギや唐辛子の細切りなどが多い。
また近年、一部の日本国内の料理人が、次項のような香港の担担麺をまねた味を出す店もあり、干し海老の味がするものもある。

ラーメンについて

ラーメンまめ知識

ラーメンは中国の料理を起源として、日本の中華料理で発展してきたとされる。
長い歴史の中で、現在の日本のラーメンは中国に元々あった拉麺の麺料理文化とは異なる日本独特の食文化に進化を遂げており(詳細は後述の歴史節を参照)、中国・台湾など東アジア圏では日本拉面、日式拉麺と呼ばれている。
「ラーメン」の語源は、中国北部の麺の1種「拉麺(ラーミェン)」という説がある。
中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、拉面は蕎麦やうどんのように刃物で切り分けて細長い形にするのではなく、
手で引っ張り伸ばして細長い麺の形を形成する手打ちの技法で作られる(後述するが日本のラーメンの麺はこの製法ではない)。
ただしこのラーメンの拉面語源説には異説もある。一部の辞典などによっては「老麺」という漢字表記も見られるため、
それが本来の表記とされることもある。
老麺(ラオミェン)とは保存した古い発酵生地を酵母種として使用する中国伝統技法で、マントウや包子を作る際に用いる。
中華麺はマントウのように酵母で膨らませる必要がないため、老麺法はラーメンに用いる技法ではない。現代では名称は通常カタカナでラーメンと表記される。

<h2 title="坦坦麺について">坦坦麺について</h2> 坦々麺まめ知識<br /> <p>日本の担担麺は、麻婆豆腐と同様に、四川省出身の料理人陳建民が日本人向けに改良した作り方を紹介して広まったと言われる。<br /> 一般に中国のものと比べて直径で1.5倍以上、場合によっては3倍ほどの碗で出され、<br /> 日本のラーメンのように一杯で一食が事足りるようになっている。<br /> そして、辛さをおさえるためにスープを合わせ、汁麺として出される。 汁の味や辛さは中国のものよりも薄く、飲める程度になっている。麺は店によって異なるが、一般的に中国のものよりも少し太く 、鹹水を使った中華麺がほとんどである。<br /> 太麺になると、スープにからみにくくなることもあり、一部の店では、縮れ麺を使用し、スープとからませるようにさせている。<br /> 日本では、担担麺のルールが決められていないため、店によってまちまちの味付けと具材になっており、たとえば肉のそぼろが牛肉や鶏肉だったり、 チャーシューなどを載せたりと店によって様々である。<br /> また、チンゲンサイ、ホウレンソウ、サヤエンドウ、モヤシなどの野菜が少し添えられたり、みじん切りのニンジンなどがそぼろに加えられたりする場合もある。 薬味は刻みネギや唐辛子の細切りなどが多い。<br /> また近年、一部の日本国内の料理人が、次項のような香港の担担麺をまねた味を出す店もあり、干し海老の味がするものもある。<br /> </p> <h2 title="ラーメンについて">ラーメンについて</h2> ラーメンまめ知識<br /> <p> ラーメンは中国の料理を起源として、日本の中華料理で発展してきたとされる。<br /> 長い歴史の中で、現在の日本のラーメンは中国に元々あった拉麺の麺料理文化とは異なる日本独特の食文化に進化を遂げており(詳細は後述の歴史節を参照)、中国・台湾など東アジア圏では日本拉面、日式拉麺と呼ばれている。<br /> 「ラーメン」の語源は、中国北部の麺の1種「拉麺(ラーミェン)」という説がある。<br /> 中国語の「拉」とは「引っ張る」という意味で、拉面は蕎麦やうどんのように刃物で切り分けて細長い形にするのではなく、 <br /> 手で引っ張り伸ばして細長い麺の形を形成する手打ちの技法で作られる(後述するが日本のラーメンの麺はこの製法ではない)。<br /> ただしこのラーメンの拉面語源説には異説もある。一部の辞典などによっては「老麺」という漢字表記も見られるため、<br /> それが本来の表記とされることもある。<br /> 老麺(ラオミェン)とは保存した古い発酵生地を酵母種として使用する中国伝統技法で、マントウや包子を作る際に用いる。<br /> 中華麺はマントウのように酵母で膨らませる必要がないため、老麺法はラーメンに用いる技法ではない。現代では名称は通常カタカナでラーメンと表記される。<br /> </p>

坦々麺

ラーメンの紅胡麻

坦々麺

割引クーポン印刷 割引クーポン印刷 割引クーポン印刷
  • 雑学胡麻知識
  • ゴマリグナンが活性酸素を除去します。
  • 不老長寿の胡麻
  • 必須アミノ酸が大豆よりも多い
  • スタミナの胡麻
  • ビタミンたっぷり
  • 美肌効果の胡麻
  • カルシウムが豊富に含まれています。
  • 骨密度アップの胡麻
  • カルシウムが豊富に含まれています。
  • 貧血予防の胡麻
  • ビタミンB1と鉄分が豊富
  • 二日酔いに効く胡麻
  • ゴマリグナンが肝臓の働きを助けます。
  • 健康に胡麻
  • 良い所たっぷりです。